在宅用吸引器の選び方

各社それぞれ特色があります。

使う方の状態やライフスタイルに合わせて、最適な吸引器を選ぶことが快適な在宅生活の第一歩です。

SKIP&CLAPが実際に痰吸引し、・パワー、電源バッテリー、お手入れについて、それぞれの吸引器の特徴を紹介します。


スペック・仕様

※2020年8月時点。最新の情報と異なる場合があります。最新の価格・データは必ず各メーカーのホームページでご確認ください。

吸引器名 流量※1/最大吸引圧力 ボトル容量※2 質量※3(バッテリー/電池込)/サイズ 連続運転時間※4 特徴※5 対応バッグ
キュータムQT-500A
(日東工器)
¥65,000
7.5L/min
-66.6kPa
300ml 1.2kg
300×125×175
15分(単3アルカリ電池)
70分(充電式単3電池)
※内蔵バッテリーはなく、外出時は電池のみ Rect.M
ベベキュア
(日東産業)
本体¥16,980
別売充電器セット¥10,700
15L/min
-80kPa
300ml 1.4kg
W206×D98×H175
75分 ※バッテリー別売り Rect.M
エレノア
(東京エム・アイ商会)
本体¥15,600
電池ボックス¥5,000
15L/min
-80kPa
300ml 1.2kg
W220×D90×H145
40分 単3乾電池8本
※電池BOX別売り
Rect.M
スマイルキュートKS-501
(新鋭工業)
本体¥12,000
別売充電器セット¥19,000
15L/min
-75kPa
500ml 1.4kg
W245.5×D93.5×H217
30分 ※外出時はバッテリーボックス外付けが必要(バッテリーボックス、バッテリー、充電器別売り) Rect.M
パワースマイルKS-700
(新鋭工業)
本体¥38,000
別売充電器セット¥19,800
15L/min
-80kPa
700ml 2.6kg
W193×D181×H238
30分 ※バッテリー、充電器別売り square.M
3電源吸引器3WAY-750S-2
(ブルークロス)
¥68,000
16L/min
-80kPa
750ml 2.7kg
W329×D122×H235
90分 ※電源コード内蔵
※90分の充電で90分長時間運転可能
Rect.L
スマイルケアC KS-1000C
(新鋭工業)
¥68,000
22L/min
-75kPa
1,000ml 3.5kg
W223×D226×H272
30分 ※充電器を使わず、ACアダプタより充電が可能 square.L

※1 流量
気管切開や粘性の痰や鼻水を吸う場合15L/min以上が望ましいとされていますが、流量だけでは判断できない部分もあります。(詳しくは各吸引器の紹介をご覧ください)

※2 ボトル容量(吸引頻度や吸引方法によります)
300ml……吸引の少ない方、短時間のお出掛け向け(万が一いっぱいになった場合は、途中でトイレで捨てる方法もあります)
500ml……一般的に一日のお出掛けに対応できます。
700ml以上……よっぽど吸引の多い日以外は対応できます。

※3 質量
1.5kg以内……軽くて肩に掛けることも出来ます
2.5kg以上……ずしっと重みを感じます。女性が長時間持ち続けるのは大変です。
3.5kg以上……バギーや車いすの荷台に置いて持ち運ぶのが良いです。

※4 連続運転時間
15分……吸引の少ない方は短時間のお出掛けに。
30分……15分に一回の吸引をしても朝から夕方まで持ちます。吸引の多い日は夕方パワーが弱くなることもあります。
60分以上……数日持つので毎日充電しなくても大丈夫。

※5 特徴
電源の取り方は各吸引器ごとに特徴があるのでよく調べてから購入してください。


在宅用吸引器選びの目安

各吸引器の吸引力


大きさ比較

吸引器のサイズ比較


動作音比較

静かな場所での動作音は気になるところ。基本的に吸引器が大きくなるほど、音も大きくなります。


各吸引器紹介

パワー

流量だけではわからない!?

一般に痰吸引するときの吸引圧は―20kPaが望ましいとされています。 この圧力調整のダイヤルをセットしておきます。 ダイヤルがMAXであれば、これ以上の圧は出せないということになります。

普段は良くても、体調不良などで痰の量が増えたり、粘性が増したりすることを考えると、少し余力のある吸引器を選ぶのが良いかと思います。

吸引をする際に、カテーテルを折り曲げておいて一気に吸う方法と、折り曲げすに開放のまま吸う方法があります。(気管切開カニューレ内は開放のまま吸う方法が一般的です)

折り曲げた状態(閉塞)、折り曲げない状態(開放)それぞれの状態で―20kPaでのダイヤルの位置を比較しました。

電源バッテリー 毎日のバッテリー充電、取り出しやすさやバッテリーの持ち
お手入れ 毎日のお手入れは簡単な方が良いですね。
たまにしっかり綺麗にしたい時は、きちんと分解できると清潔が保てます。

1台目として!パワーがあって家用、外出用兼用 信頼できる吸引器

(日常生活用具等の助成制度を使うなら)

3電源吸引器3WAY-750S-2

使いやすさ・お手入れのしやすさは断トツ「3電源吸引器3WAY-750S-2」

なんといっても便利なコードリールの電源やパーツが少なく洗いやすいのが高評価
一度の充電で90分間連続運転可能な大容量内蔵バッテリーは業界No1.
10年以上吸引器を作り続けている老舗医療機器メーカーで壊れにくさにも定評あり。
お手入れも簡単で、フロートも分解でき清潔を保つことが出来る。
圧をかけたまま吸引する場合、体調不良や痰の粘性によってはパワー不足を感じることも。

パワー

閉塞の状態では余力はあるが、開放状態では余力無し。カテーテルを折り曲げずに吸引する場合はパワー不足も!

閉塞の状態で挿入し、開放で痰を吸引する場合は問題ないと思われます。

電源・バッテリー

サイドからコードを引っ張り出し、コンセントに繋げるだけ。 自動的に内蔵バッテリーに充電されていきます。 バッテリーの入れ忘れもなく、途中でバッテリーが少なくなってもコンセントがあれば充電ができ安心。
90分の充電で90分の連続運転可能は業界No1.
500回充電可能、約2年
交換用内蔵バッテリー8,000円(税抜き)

3電源吸引器 3WAY-750S-2 電源動画

お手入れ

基本的に廃瓶とふたの2パーツのみ。 フロートとホースアダプタは気になるときだけ取り外して洗えばOK。 フロート中も分解出来るので洗いやすく清潔を保てます。 ふたのパッキンは裏表がなく、扱いやすいです。

パワースマイル KS-700

パワーで選ぶなら安定のパワースマイル「パワースマイル KS-700」

小型ながら十分なパワーを兼ね備える。
多少粘性のある痰や量が多くても吸引できるので、体調不良の時にも安心。
ポータブル吸引器のパイオニア。丈夫で壊れにくく頼れます。
オプションパーツはアマゾンなどで手軽に購入できるのもポイント。
音も割と静かで、このパワーにしては大きさも小さいので持ち運びしやすい。
背面からバッテリーを取り出して充電し、入れ忘れだけ気を付ける必要あり。
また、唯一内蓋があり、フロートが分解できないので洗う手間は少しかかるかも。
バッテリーは30分しか持たないので、吸引の多い日や長時間のお出掛け時には予備バッテリーを持って行った方が安心。

パワー

カテーテルを挿した解放の状態でもしっかり吸引圧がかかる。

圧をかけたまま吸引するときは、スパッと気持ちよく吸える。テクニックも必要ないので初心者でも使いやすい。

電源・バッテリー

背面からバッテリーを取り出し、専用充電器で充電します。 お出掛け時の入れ忘れに注意する必要があります。 また、専用充電器がないと充電できないので、心配な場合は予備バッテリーを持ち歩く必要があります。
90分の充電で30分の連続運転可能とやや短め。
約2年 専用バッテリー7,500円(税抜き)

パワースマイルKS-700電源動画

お手入れ

廃瓶と外蓋、中蓋3パーツ。 フロートとホースアダプタは気になるときだけ取り外して洗えばOK。 フロートが分解出来ないので、たまにハイターに漬ける必要があります。 ふたのパッキンは裏表があり、溝がある方が上という点に注意が必要です。 中蓋の分パーツが多く洗うのが面倒です。

スマイルケアC KS-1000C

もっとパワーが必要な方には「スマイルケアC KS-1000C」

重くて大きいがパワーは頼れる。ACからバッテリーに充電できるのも嬉しいポイント。
大人の方や痰の多い方、粘性の高い方にも安心です。
パーツも少なくお手入れも簡単(フロートは分解できません)
ただ、音は大きい。
バッテリーが30分しか持たないので、吸引の多い方は外出時に予備バッテリーかACを持ち歩く方が安心。
※スマイルケア以上の上位機種(ミニックDC-2等)はパワーがあるので家用として持っていると安心ですが、重くて大きいことと、内蔵バッテリーの持ちが悪いことから外出用にはお勧めしません。

パワー

カテーテルを挿した解放の状態でもしっかり吸引圧がかかる。

圧をかけたまま吸引するときは、スパッと気持ちよく吸える。テクニックも必要ないので初心者でも使いやすい。

電源・バッテリー

背面からバッテリーを取り出し、専用充電器で充電します。 お出掛け時の入れ忘れに注意する必要があります。 ACの差込口は底面なので抜き差ししにくいことも。 しかし、KS-1000CはACにつないでおくと自動でバッテリーに充電されていきます。 バッテリーをいちいち取り出す必要もないので、AC挿しっぱなしで一緒に持ち歩く方法がおすすめです。
90分の充電で30分の連続運転可能とやや短め。
約2年 専用バッテリー7,500円(税抜き)

スマイルケアC KS-1000C電源動画

お手入れ

基本的に廃瓶とふたの2パーツのみ。 フロートとホースアダプタは気になるときだけ取り外して洗えばOK。 フロートが分解出来ないので、たまにハイターに漬ける必要があります。 ふたのパッキンは裏表があり、溝がある方が上という点に注意が必要です。

2台目として!予備や近場のお出掛けに便利な小型吸引器

(故障も考え、吸引器は2台以上用意されることをお勧めします)

キュータム QT-500A

災害時にも安心の唯一電池で動く吸引器「キュータム QT-500A」

唯一電池で運転可能な吸引器。 小さくて軽いが日常生活用具の対象となるので助成で購入可能。
他の吸引器に比べ流量が少ないが、実際に使用してみるとしっかりパワーがあり吸引できる。
痰をとらえて初めて圧がかかるのでテクニックが必要。粘性の高い痰には不向き。
容量が300mlと小さいので、吸引の多い方が家用として使用するには不向き。
小さい割に音は大きい。小さくて車の座席など不安定なところに置くと、こてんと横に倒れてしまいやすいので、底板のしっかりしたバッグに収納し、水などの重さがあるものと一緒に持ち歩くのがおすすめ。
逆流防止についているフィルターは汚れたりぬれたりすると交換が必要(4000円)なので注意が必要。 (一年に一度は交換が望ましい)
電池で動くが、バッテリーは内蔵されていないので電池のストックには気を付けなければならない。

パワー

ダイヤルが2回転半するので写真ではわかりにくいが、閉塞状態では弱でー20kPa取れ余力あり。 開放状態ではMAXでも-12kPaほどしか上がらない。 しかしながら、実際に痰を吸引してみると、中の強くらいでしっかり吸引できる。

新鋭工業製の吸引器は常に圧がかかっているので、適当に挿入しても痰を吸引できるが、キュータムは痰をとらえて初めて圧が上がるので、テクニックが必要。

粘性の高い痰には不向きなので、痰がサラサラで少ない方、もしくはサブとしてお薦め。

電源・バッテリー

電池で駆動できる唯一の吸引器。 単3電池4本が必要。 付属の電池ボックスを接続して使う。
充電式電池の場合約70分運転可能。
(アルカリ乾電池約)15分
(乾電池、充電式電池、いづれを使用しても吸引圧は変わらない)
内蔵バッテリーがないので、外出時には電池が必須。
災害時には電池も手に入りにくくなるので注意が必要。

お手入れ

廃瓶とふたの2パーツ。 フロートとホースアダプタは気になるときだけ取り外して洗えばOK。 フロートは仲間で分解して洗浄が可能。 パッキンは裏表なく、切り欠き部があるので取り外ししやすい。 本体と吸引便との間にあるフィルターは洗浄消毒が出来ない。
めったに汚れないが、一年に一度程度交換が望ましい。フィルター4,000円(税抜き)

スマイルキュート KS-501

小さいのがいいけどパワーも必要な方には「スマイルキュート KS-501」

MAXにすれば-20kPaの吸引圧が可能。小さくてパワーもある優れもの。
吸引の少ない方、粘性の低い方、近場のお出掛けにおすすめです。
新鋭工業のスマイルシリーズとバッテリーが共有できるので、パワースマイルのサブとしても!
新鋭工業製なので丈夫で安心です。

パワー

閉塞の状態では余力はあるが、開放状態では余力無し

体調不良や粘性の高い痰の場合にはパワー不足も!

電源・バッテリー

背面に専用バッテリーボックスを接続し使用します。(別売り)
バッテリーを取り出し、専用充電器で充電します。 お出掛け時の入れ忘れに注意する必要があります。 また、専用充電器がないと充電できないので、心配な場合は予備バッテリーを持ち歩く必要があります。 バッテリーボックスがブランブランするので持ち運びに不便です。
90分の充電で30分の連続運転可能とやや短め。
約2年

スマイルキュートKS-500電源動画

お手入れ

廃瓶とふたの2パーツ。 フロートとホースアダプタは気になるときだけ取り外して洗えばOK。 フロートが分解出来ないので、たまにハイターに漬ける必要があります。 ふたのパッキンは裏表があり、溝がある方が上という点に注意が必要です。

べべキュア

とにかく軽くて小さい吸引器が欲しい方に「べべキュア」

吸引圧は低いので、小さな赤ちゃんや吸引の少ない方にお勧め
見た目も可愛くてインテリアにも馴染みます。
音も小さめで、小さいので外出時持ち運びに便利です。
バッテリーの取り出しが底なので取り出しにくいので、ACモバイルバッテリーを持ち歩くという方法もあります。

パワー

閉塞の状態では余力あるが、開放状態ではMAXでもわずか―10kPaしか圧がかからない!

弱い圧でも大丈夫な方向き。

電源・バッテリー

底面からバッテリーを取り出し、専用充電器で充電します。 バッテリー取り出し時に、ツメを押して取り出す必要があり、若干取り出しが大変です。 また、AC差込口も底にあるため抜き差ししにくいです。 専用充電器のコードがAC共通になっているので、充電しながらACを使うことが出来ません。
90分の充電で75分の連続運転可能で安心。

べべキュア電源動画

お手入れ

廃瓶とふたの2パーツ。 フロートとホースアダプタは気になるときだけ取り外して洗えばOK。 フロートが分解出来ないので、たまにハイターに漬ける必要があります。 ふたのパッキンは細くてピッタリはまっているので、取り外しにはつまようじ等が必要です。

エレノア

災害時にも使える小さくて軽くてお手頃な吸引器「エレノア」

2台目は災害時も考慮し、電池で使える吸引器をお考えの方に!
実費になることが多いので価格もお手頃で2台目、予備にピッタリです。
小さくて軽く、おもちゃのように見えますが、60年前から医療機器を製造販売している老舗医療機器メーカーによる日本製で安心です。
吸引圧と電池の持ちから、普段使いとしては短時間のお出掛け、小さな赤ちゃんや吸引の少ない方にお勧め
見た目も可愛くてインテリアにも馴染みます。
小児科医が進めており、医療機関や介護施設でも気管吸引に使われています。

パワー

閉塞の状態では余力あるが、開放状態ではMAXでもわずか-15kPaしか圧がかからない!

大型吸引器のようにカニューレ内に点在する痰を吸い集めることは難しいがまとまった痰を吸引するには十分。

電池は充電式のエネループ等よりアルカリ乾電池の方が若干パワーがあるので推奨されている。いずれにしてもAC接続時よりは若干落ちる。

電源・バッテリー

専用の別売り電池ボックス(5,000円)を接続し、アルカリ単三乾電池8本使用。
約40分間連続運転可能。
災害時、停電時に電池で動く吸引器があると安心。
吸引頻度によっては1〜2日で交換が必要となり、8本入れ替えるのも大変なので使い方を工夫する必要あり。
このクラスで電池が使える唯一の吸引器になるので重宝する。

エレノア電源動画

お手入れ

廃瓶とふたの2パーツ。 フロートとホースアダプタは気になるときだけ取り外して洗えばOK。 フロートは分解可能で、絵で分かりやすく表記もあるので、組み立てる際間違えにくくてよい。 ふたのパッキンは細くてピッタリはまっているので、取り外しにはつまようじ等が必要です。


CALENDAR
2021年9月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
灰色…発送、お問い合わせお休み
なお、お急ぎの場合はお問い合わせ下さい。出来る限り対応致します。
ブログ
ページトップへ